MENU

債務整理の種類

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

 

借金が膨らみ生活が追い込まれた場合、「債務整理」という手段があります。一般的に債務整理とは、法的に借金を減額や免除し債権者を再生させる手段。
ただ債務整理と一口に言っても、方法はいくつかあります。そこで債務整理で代表的なものをご紹介します。

債務整理の種類1【任意整理】

 

任意整理は、債権者と借金額や返済額を交渉し、新たな借金返済プランを立てることをいいます。
まず借金額については、利息制限法の上限より高い金利の借金があれば再計算し、多く利息を払いすぎている分は元金から減額したり過払い金として返金されます。
今後の返済に関しては、「利息をカットして返済」といった交渉を行います。ほとんどの金融会社は、この利息のカットに応じるようですね。
基本的に任意整理できるかは「月々負担のない金額で、再計算しされた借金額を3年以内(場合によっては5年)で返済可能か」が焦点となり、難しい場合は自己破産などの方法がとられます。
ですから借金額が大きく無い方が司法書士や弁護士に依頼した場合、任意整理が選択されることが多いです。

任意整理のメリット・デメリット

利息がカットされ今後の返済が楽になるのが一番のメリットですね。
また利息制限法に基づいた借金額の再計算することにより減額される場合もありますから、長期間利用している金融会社がある人にもオススメの方法です。
任意整理は、特定の債権者を除外して債務整理することもできる自由度の高さもメリットのひとつ。
ですから「自動車ローン」や「クレジットカード」はそのままでそれ以外を任意整理するといったことも可能です。
デメリットは、任意整理に限ったことではありませんが信用情報機関に事故情報が掲載されるので(ブラックリスト)借入やローンなどが5年間組むことができなくなります。
また任意整理は、借金を免除するわけではないので返済はしていかなくてはいけません。

債務整理の種類2【特定調停】

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

 

平成12年から施行されたわりと新しい債務整理の方法が特定調停。
特定調停とは簡易裁判所を介して返済難に陥っている債権者を再生させます。
任意整理と同様に、利息制限法で再計算された借金を3年を目途に返済できるかということがポイントとなります。
任意整理との明確な違いは、弁護士や司法書士が行う債権者との交渉を簡易裁判所が行うという点。
裁判所が「債権者」「債務者」の間に入り利息制限法に基づいた借金額の見直しや今後の返済の利息の免除などの交渉を行い、調停が終わると調停調書が発行され返済が始まります。
特定調停は基本的に自分で裁判所に出向いて手続きを行います。
裁判所には聴取などで2回ほどで向くようになります。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停の一番のメリットやはり費用。
代理人ではなく裁判所が介しますので、費用はかなり安価で、債権者1社ごとに印紙代と切手代しか費用はかからず5000円程度には収まると思います。
また手続き自体もそこまで難しいものではありません。デメリットは調停が成立後返済ができなくなったり滞った場合、預金口座や給料を差し押さなどの強制執行が行われこともありますのでその辺の覚悟は必要になります。
また強制力がないので債権者が合意に応じない場合もあること、必ずしも裁判所は債務者の見方ではないことをデメリットとして覚えておきましょう。
中には債権者側につく裁判所や調停所などもあります。

債務整理の種類3【個人再生】

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

 

個人再生も平成13年に施工された割と新しい債務整理で、任意整理や特定調停と自己破産の中間のような方法です。
個人再生は利息制限法で再計算しても借金返済が困難という場合、元金を5分の1または100万円(多い額のほう)まで減額し3年を目途に返済していくというものです。
ちなみに個人再生は借金5000万未満が条件で、総額には住宅ローンは含まれません。個人再生はには小規模個人再生と給与所得者再生があります。
小規模個人再生は、年金やパートなど継続的な収入がある方が対象となり返済計画に債権者半数以上の同意が必要、
給与所得者再生は、返済計画に債権者の同意は必要ありませんが¥定期収入(年収の変動が20%以内)があることが前提条件となります
ですから個人再生を行う場合、継続した収入がある方しか行えません。
また借金の支払いが困難であることを裁判所がみとめなければ個人再生をすることができません。

 

個人再生のメリット・デメリット

個人再生は元金を100万または5分の1まで大幅に減額できるというのが最大の利点です。
また住宅ローンは、対象から除外されるので持ち家がある方でも安心ですね。
職業や資格の制限などもありません。
ただしメリットが大きい分、デメリットもやはり大きいのも特徴。
まず任意整理や特定調停とは違い、裁判所に申し立てを行う個人再生は官報に記載が残ります。
また住宅ローン以外のすべての債務が対象となるため、個別に整理するということができません。奨学金や車のローンすべてが対象となります。
そして任意整理や特定調停同様に、返済の遅延は個人再生が中断されてしまいますので、支払いには最善の注意が必要になります。
個人再生の手続きは、多くの書類が必要になったり手続きがややこしいため代理人費用は割高になってしまうのもデメリットにあげられるでしょう。
もちろんブラックリストに登録されますので、5年はクレジットカードやローンを組むことはできません。

債務整理の種類4【自己破産】

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説
5000万円以上の多額の借金がある場合や定期収入がない方の最終手段として用意されているのが「自己破産」です。
一度は名前を聞いたことはあるとおもいます。
自己破産は、裁判所に破産の申し立てを行い、借金を全額免除(免責)してもらう債務整理の方法です。
最終手段と前述しましたが、基本的に債務がある方ならどなたでも行えます。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットは言うまでもなく借金の支払い義務がなくなるということ。これにつきます。
ただし借金がなくなる代わりに、それだけのリスクが伴います。
まず個人再生同様に官報に記載されます。破産申し立てから免責の決定がでるまでのおよそ一年間、警備員や保険の外交員として就業することができません。
また弁護士や司法書士、税理士などの資格も制限されます。
そして財産の差し押さえです。残念ながらマイホームを所有している方は対象になります。
ただマイホームは任意売却するか競売にかけるか代理人から聞かれるとおもいますので、依頼の際に相談しましょう。
賃貸マンションに住んでいる場合は、特に立ち退く必要はありません。
ほかに良く差し押さえになる対象物といえば、高価な家電(大型テレビなど)や自動車、貴金属などが有名どころ。
※自動車は7年以上所有しており売却価格が20万内であれば対象外となることもあります。
逆に衣類や一般家電などの生活必需品などは差し押さえられることはありませんので、生活に支障をきたすことはほとんどないでしょう。
現金に関していえば99万円以内であれば生活費として残しておけます。
その他自己破産のデメリットは「ブラックリストにのるためクレジットカードが作れない」「免責が決定するまで転居や長期の旅行などの禁止」があります。
こういったデメリットはあるものの会社に通達がいくことはありませんし、賃貸契約(信販系の保証会社であればNGの場合もある)も問題なく行えます。

債務整理をする基準

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説
借金を何とかする救済処置といえば任意整理や自己破産などの「債務整理」が一般的。だ債務整理は「クレジットカードが作れなくなる」など少なからずリスクを伴います。もちろん返済計画を見直ししっかり元金を減らしていくことができれば「債務整理」をしなくてもいいわけですが、自分で返済することが困難になってしまった方は早く債務整理決断したほう楽になることも多々あります。そこで「債務整理すえるべき基準」についてご紹介していきす!

 

判断基準(借金額編)

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

まず今の年収に対してどれくらいの借金額があるのかというのがひとつの指標になります。これは一概には、いえませんが年収の3分の1以上の借金があるとき、返済困難に陥っている可能性が高い。ですから「借金額が年収の3分の1以上ある」というのが、まずひとつの判断基準になります。

 

判断基準(返済額編)

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

続いて月収のうち、どれくらい返済(総額)にあてているか考えてみましょう。
この場合、月収は光熱費や家賃、食費などの生活費などを差っ引いた金額から、毎月どれくらい返済に充てているかというのが重要になってきます。
例えば、月収25万円(手取り)だった場合、20万円が生活費、3万円を返済(クレジットカードの支払いも含む)に充てている場合。
借金の元金が確実に減っていれば、裕福な生活とは言えませんが自由に使えるお金もありますから債務整理する必要はないでしょう。
ここで借金返済額が5万以上ある場合は、生活費を削らなくてはなりませんから、当然生活は苦しくなります。
10万円以上借金返済に充てていると、生活に支障をきたしているか利子ばかりの返済で元金が全く減っていないことが予想されます。、
こういった場合は債務整理をしたほうがいいかもしれません。
借金でお悩みの方は、返済がどれくらい生活に支障をきたしているか、元金はしっかり返済できているかをいちど見つめ直すことが大事です。

 

判断基準(メンタル編)

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

多重債務は心理的ストレスの原因になるといわれており、自殺理由にもあげられるほどです。
多額の債務額はもちろんですが、借金が生活ストレスや睡眠不足の原因になっている方は債務整理をしてみてもいいと思います。
自己破産は借金の悩みを解決することができますし、任意整理であれば確実に借金の返済ができ、返済日をまとめることができます。

 

法律の専門家から意見をもらう

債務整理の種類まとめ|任意整理や個人再生、自己破産を徹底解説

債務整理には借金自体がなくなる「自己破産」借金額が軽減され返済額が減る「個人再生」返済の利息がカットされる「個人再生」があります。
自己破産は借金自体がなくなりますが、その分リスクを背負うことになりますこの「自己破産」「個人再生」「任意整理」で、自分に適した債務整理はどれなのかということを知っておくことも重要。そこで法律の専門家に相談してみるのもひとつの手です。

 

街角法律相談所無料シュミレーター

前述した通り、借金額や返済能力によって債務整理は変わってきます。基本的に借金額が多い場合、返済能力が高い場合、任意整理(特定調停) > 個人再生 > 自己破産 、借金の減額が多い 任意整理(特定調停)< 個人再生 < 自己破産の順にデメリットも多くなってくるというわけです。ただし債務整理に伴うデメリットは、借金の苦しみに比べると楽になってくるはず。クレジットカードやローンは信用情報機関の事故情報が消える5年待てば作ることもできます。また自己破産や個人再生をすることによって記録が残る官報はほぼ誰もみていませんし、差し押さえに関しても生活するには十分の家財などは残ります。これを考えれば、債務整理に踏み切ってみるのも悪くはないとおもいます。

出きるなら車なども手放した方がいいです。

少しでも高く売りたい方は要チェック